アルミ溶接・修理・金属の加工は全国への出張も可能な【メタルワークス】へ

~直流TIG溶接と交流TIG溶接について~

 アルミ溶接・修理・金属の加工を依頼するなら【メタルワークス】

アルミ溶接・修理・金属の加工を依頼するなら【メタルワークス】

アルミ溶接・修理・金属の加工は【メタルワークス】にご依頼下さい。金属の溶接・加工には、少数精鋭のスペシャリスト達が確かな技術でお客様のご要望にお応えいたします。

 

特に、ステンレス・アルミ溶接の技術には高い誇りを持っており、難しいと言われている加工の仕上がりに高い評価をいただきました。決して妥協することなく圧倒的な施工スピードと美観を両立し、薄板・厚板、TIG・MIG溶接、研磨加工を問わず、お客様のニーズにお応えしますので安心してお任せ下さい。

アルミ溶接・修理は全国への出張にも対応可能!

アルミ溶接・修理を行う【メタルワークス】では、全国への出張にも対応しております。サイロタンクの取出し口やモニュメント、アルミプールの底板は劣化していませんか?特にアルミ製プールの場合、年月と共に塩素により腐食が目立つようになります。目皿や管内の腐食は安全面・衛生面に良くないため、きちんとした改修工事が必要です。

【メタルワークス】は、千葉を中心に全国へ修理・施工・検査に伺っておりますので、アルミ製品の劣化が気になる際はお気軽にお問い合わせ下さい。

直流TIG溶接と交流TIG溶接について

直流TIG溶接と交流TIG溶接について

直流TIG溶接とは、直流の定電流特性の溶接電源を用いてタングステン電極をマイナスに接続し、アークを発生させるものです。主にステンレスを溶接するのに使われますが、鉄なども溶接可能です。スパッタがなく仕上がりも綺麗なことから、細かい繊細な溶接には直流TIG溶接が最適と言えるでしょう。

 

そして、交流TIG溶接は、主にアルミを溶接する際に使われます。なぜなら、アルミの表面は酸化皮膜で覆われているため、陰極点のクリーニング作用を用いて除去しないと溶接を上手く行うことが出来ないためです。クリーニング作用とは、陰極点が陰極表面上を激しく動き回ることで母材表面の酸化物を局所的に破壊・除去するもの。そのためには母材側をマイナスにしなければいけません。

 

直流TIG溶接では電極側がマイナス、母材側がプラスと常に一定です。しかし、交流TIG溶接では電極側をプラス、母材側をマイナスとして交互に変えることが出来るため、クリーニング作用を確保することが出来ます。そのため、酸化皮膜を除去することが可能で、アークの安定性も両立することが出来るのです。


金属加工・修理を行う【メタルワークス】のお役立ちコラム

1. 金属加工・修理が必要なプールがあれば依頼を!~溶接に用いられるアークについて~

 

2.金属加工や修理・補修をお考えなら【メタルワークス】にお任せ~アルミとステンレスの特徴について~ | 金属加工や修理が必要な金属製プールのことなら

 

3. ステンレス溶接や補修の依頼は東京を中心に全国への出張も可能~溶接用語の説明~ | ステンレス溶接や補修の依頼は【メタルワークス】

 

4. ステンレス溶接・補修の依頼は仕上げ・コストの面でも喜ばれる【メタルワークス】~アーク溶接とガス溶接の違いとは~ | ステンレス溶接や補修のことなら

 

5. アルミ溶接・修理の依頼は東京・神奈川・埼玉にも伺います~日本のモノづくりを支える溶接技術~ | アルミ溶接・修理なら【メタルワークス】

 

6. アルミ溶接・修理・金属の加工は全国への出張も可能な【メタルワークス】へ~直流TIG溶接と交流TIG溶接について~ | アルミ溶接・修理・金属の加工を依頼するなら

 

7. 研磨と溶接にかかるコスト・時間を抑えるなら仕上げが綺麗な千葉の【メタルワークス】~なぜアルミ溶接は難しい?~ | 研磨と溶接は仕上げが綺麗な業者へ

 

8. 溶接・研磨・表面処理は出張での依頼が可能な職人へ!~アルミは表面処理で活用方法の幅が広がる~ | 研磨と溶接の出張サービスは【メタルワークス】

 

9. プールの修理なら万全な安全対策が可能な【メタルワークス】へ~学校・スポーツクラブ・市民プールなど修理の必要性~ | プールの修理は金属加工に優れた業者を

 

10. プールの修理・部品交換・費用の相談はお早めに~ろ過吐出し口(給水口)の安全確保~ | プールの修理・部品交換の依頼は【メタルワークス】


金属加工や修理なら【メタルワークス】

株式会社メタルワークス  所在地:千葉県市原市葉木394−1

TEL:0436-26-6551  FAX:0436-26-6552   Eメール : info@metal-works.co.jp