TIG溶接 アルミ

アルミ溶接 TIGとは?

アルミ溶接の主流と言えます。
TIG溶接は、タングステンの電極を使う、非常に精度の高い溶接方法です。
タングステンは融点が極めて高く、ほぼ全ての金属材料を溶接することが出来る溶接方法です。
この溶接方法は、高度な技術を必要としますが、溶接面がきれいに仕上がり、材料の厚みが非常に薄い場合でも溶接することが可能です。

TIG溶接の特徴 溶接が困難な厚みもTIG溶接なら可能に

アルミニウムのTIG溶接における最大の特徴は交流溶接で行うという点です。

鉄やステンレスの直流TIG溶接では電極側が「-」母材側が「+」と常に一定ですが、アルミでは電極と母材が「+」「-」と交互に変わる交流TIG溶接で行います。技術を必要としますが、溶接は綺麗です。

溶接面を綺麗に仕上げたい場合にお奨めします。

対応加工製品

■手摺 ■モニュメント ■サイロ ■薄板製品


メタルワークスでは、高度な技術が必要なTIG溶接を用いて数々のアルミ溶接を行なってきました。

業務実績にてその技術の高さをご確認下さい。

東京、千葉、埼玉、神奈川を中心に、全国どこでも施工・修理等承っております。

まずは、お電話かお問合せフォームよりご連絡下さい。